twitter facebook facebook_02 instagram line youtube mail mail_02 Arrow right Arrow right_02 Arrow left Arrow down Arrow up icon close(バッテン) Home other other_02 other_03 other_04 other_05 other_06 other_07 other_08 other_09 other_10 new!
MENU
表参道校
0120-667-039 東京都港区南青山5-4-40
A-FLAG骨董通り B2
渋谷校
0120-744-582 東京都渋谷区鶯谷町3-3
VORT渋谷south 1F/B1
公園通り校
03-3461-0288 渋谷区神南1-15-5
神南プラザビルB1F
アトリエ校
0120-744-582 東京都渋谷区南平台町1-9
南平台宝来ビルB1

9月9日(月)はメンテナンスデーのため、全スタジオ休講となります。

8月以降のスケジュールは
▼こちらをご確認ください。

スタジオメンテナンスデーのお知らせ

スタッフブログ Staff blog

『ASK 第2回 平野玲先生』

2016.10.27

いつもAngel Rをご利用いただきありがとうございます!

 

先週から始まった【連載】ASK!!

第2回目です!!

ぜひ覚えていただきたいのでもう一度書きます!!

 

*******

ASKとは!

 

A Angelの

S 先生に

K 聞きました!

*******

 

ということで、今回は平野玲先生に聞きました!!

 

平野先生低画質アップ

 

平野先生のご経歴はこちらから♪

 

Q.平野先生がクラスで大切にしていることやよく伝えていることは何ですか?

A.

舞台に上がるためのレッスンというのが根本だと思っているので、舞台での魅せ方やお客さんとの共感を得るためにどういうニュアンスを出せばいいか、ということを伝えています。

例えば「手の方を見て」というと本当に自分の手を見てしまう人が多いと感じるのですが、自分の表現の対象を指し示しているように手を使うと共感を得やすいのではないかなと思います。

クラスの中では、「体をこうやってみたらこう見えるんじゃないかな?」という問いかけをしています。 

また、やり方や考え方は人それぞれなのでクラスをする時に自分の中の想像力を持ちながらやってみてほしいです。

舞台には出ないという方もいるかもしれませんが、実際の社会も舞台のようなものだとしたらバレエの身体を使った表現は役に立つのではないかと思います

舞台のためのバレエというのはどこかで日常生活にも結びつくと思います。

 

Q.パドドゥクラスでよく伝えていることは何ですか?

A.

パドドゥクラスでは男性の手の内を全て伝えます。

「この時男性はこういう作業をするから女性はこういう作業をしましょう」とそれぞれの役割をしっかり分けて伝え、それをちゃんと理解している状態にします。

ただ男性と組んで踊るというだけではなく、なぜ失敗したか、なぜ上手くできたかを理解することによって上手くなってもらえるといいなと思います。 

 

Q.平野先生といえば昨年9月のAngel Rの発表会「ドン・キホーテ」にガマーシュ役で出演していただき、「演技も素敵!」と大好評でした!役作りのためにしていることや舞台で踊る時に気を付けていることはありますか?

A.

「お客さんに楽しんでもらいたい」ということを考えています。

お客さんは「共感」しないと楽しめないと思うので、共感できるかどうかということを大切にしています。

そのために、例えば「目の前に本当の王子が来たら自分ならどうするだろう?手振りなんかするかな?」というように、自分でリアルに考えて、嘘をつかずに想像します。

自分で決めたことを自己満足で披露するだけでは「共感」はないと思いますし、役になりきるというよりもお客さんを楽しませるために「生きている」というような感覚です。

役についての研究もしなくてはなりませんが、過去の作品の映像を見たりすることよりも日々の生活の中で考えたり経験したりすることから何か得る方がよりリアルではないかなと思います。

 

Q.バレエ上達のコツを教えてください!

A.

バレエは様式美なので決められた形をしっかりできるようにと普段は考えると思いますが、行き詰ってしまった時に別の視点を加えるとしたら物理的な考え方で洗い直すのが良いのではないかと思います。

例えば、よく聞く「床を蹴る」という注意も物理的な視点から捉えて、物を強く押した時に反対方向に反発する法則を思い出してみると意外と腑に落ちるかなと思います。

上に飛ぶなら下に、斜め前に飛ぶなら斜め後ろに反発を感じるのです。

あとは音楽をよく理解して動くことだと思います。例えば、動き始めを唐突にするとぎこちなさが目立って上手に見えません。ですから動き始める前の動作が大事になってきます。その動作を雰囲気ではなくて、音楽のどの拍に割り当てていくかを考えていかなくてはなりません。

 

Q.エンジェルでレッスンを受けているみなさんにメッセージをお願いします!

A.パドドゥクラスの方は、男性女性の役割をお互いに理解しながら、良いパドドゥをしませんか(^^)

 基礎クラスの方は、テクニックを学ぶだけではなく、表現やお客さんとの共感を前提にしたレッスンをしませんか(^^)

 

 

ここには書ききれなかったのですが、インタビュー中には実際に動きながら理論的・具体的に色々なお話をしてくださいました!!

「なるほど~!」と思わず頷いてしまうことばかりだと思うのでぜひ平野先生のレッスンを受けてみてください!(^^)! 

 

平野先生ご担当のクラスはこちら♪

月曜|12:15-13:45(表参道校)パドドゥ基礎

水曜|20:40-22:10(渋谷校)基礎

 

【ASKをご覧の皆様だけにお見せします(>_<)!!】

平野先生から素敵なお写真をたくさんいただきました!

本当に幅広い役を踊っていらっしゃるんですね!(^^)!

 

IMG_31541249HASEGAWA PHOTO PRO

 

013HASEGAWA PHOTO PRO

 

判官HASEGAWA PHOTO PRO

 

1446HASEGAWA PHOTO PRO

 

平野先生、ありがとうございました!

次回のASKは宇地原舞依先生が登場します!

普段は聞けないお話を聞いてきましたので、お楽しみに(*^^*)

 

スタッフ ゆかり☆

 

【★☆ASK バックナンバー☆★】

第1回 根本佳奈先生

 

 

share

z